企業沿革

大正7年
武田長吉が茶袋加工を専門とする武田紙袋店を創業
大正10年
戦後発展全国工業博覧会 煎茶袋 銅賞受賞
昭和20年
製袋機器の他、活版印刷機を導入
昭和20年
武田紙製品工業所と改称
昭和39年
工場増築
昭和39年
武田紙工株式会社を創立
昭和39年
初代社長として武田好吉就任
昭和41年
平台製袋機導入
昭和43年
工場に隣接して倉庫を新築
昭和49年
工場増築
昭和55年
オフセット印刷機導入
平成4年
代表取締役社長に武田幸太郎就任
平成5年
高速製袋機導入
平成10年
事務所増築
平成17年
Windowsネットワーク構築
平成19年
オフセット多色機導入
平成20年
カラーマネージメントシステム導入
平成23年
PODシステム導入
 
:arwright: トップへ
:arwright: 会社案内 :arwright: 事業内容 :arwright: 企業沿革 :arwright: 設備
:arwright: サイトマップ :arwright: お問い合わせ
Total351009 Week121 Yesterday101 Today020 IP check in 30 min Since 2010-06-12